春に子どもだけのホースキャンプをやろうと思っていたけど、やっぱり、どう考えても、子どもの人生を大きく左右するのは、身近にいる親

子どもに伸び伸びと育って欲しいと思ったら、おおらかで心が自由に生きている親の姿があったらいい。

生きる力を子どもに身につけてもらいたければ、そう生きている親がそばにいるだけで、何も手取り足取り教えてもらわなくても、自然に逞しく育つと思う。

なのでやっぱり親子で来て欲しいと考え直している途中。親御さんが私と一緒に学んでいる間、子どもたちは馬や山で遊ぶ。

私ができることは、広く浅く情報を提供したり、表面的に体裁を整えた、誰にでもできるプログラムの提供ではなく、人が自分の力を発見して、自力で這い上がって来るお手伝い。

言語で伝えることのできない非言語の世界は、集めた情報を繋ぎ合わせて、答えを導き出すようなやり方では学べないし、教えることもできない。

でも多くの人が本当に求めていることって、自分の中にある叡智を引き出して、瞬間的に、既に知っているという感覚で、人に頼らずに、自然にできる力ではないかと思う。

馬と自然の力を借りれば、それはどんな感覚なのか、少なくてもその片鱗は感じて帰ってもらえると思っている。

今までうちに来てくれたお母さんたちは、その後自分で自分を整えて、自力で変化していっている。当然子どもに良い影響になっている。

藁にも縋りたい状態の時、つい誰かに頼って人任せにしがちだと思うけど、自分で這い上がって来れた時に、自然と自信が蓄積されていくのだと思う。

先行案内予約を受付中です

メッセージ欄に「先行案内希望」とご記入ください